乾椎茸と生椎茸の違い

栽培方法の違い 生椎茸 乾しいたけ
日本産 菌床栽培(一部原木) 原木栽培
中国産 菌床栽培 菌床栽培

生は菌床栽培

菌床栽培

一年中安定して新鮮な生しいたけを出荷するためには、屋内で水分・温度管理によって計画出荷が可能な菌床栽培が主流です。菌床栽培とは、おがくず等を固めた培地に椎茸菌を植菌させて栽培するものです。日本産の生しいたけは広葉樹のおがくずがベースになりますが、中国では広葉樹と針葉樹のおがくずをブレンドしています。原木栽培の椎茸と比べると、やわらかくなめらかな食感が特徴で、風味は乏しくなります。同じ形、同じ大きさでそろえて栽培しやすいので見栄えがよくなります。中国産の干ししいたけは菌床栽培が主流です。


乾は原木栽培

ホダ場

原木栽培の生しいたけは集中発生して日持ちしないので、大半が干ししいたけとして流通します。クヌギ、ナラ、シイなどの広葉樹に椎茸菌を培養した木片(種駒)を埋め込んで栽培します。歯ごたえがあり、旨み・香りが豊かです。もちろん春・秋の発生シーズンには生でも出荷されています。原木栽培の生しいたけはとても美味しいです。


ヤフーショッピング高千穂しいたけ杉本商店生産者の皆さんのご紹介
干ししいたけの使い方

商品カテゴリ

  • お試し・訳あり商品
  • ご家庭用
  • ギフト商品