しいたけ飛龍頭

しいたけと出汁のうま味がたっぷり!!

材料

乾しいたけ 8枚(12g)

【A】

椎茸の戻し汁 150ml
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1

木綿豆腐 1丁(300g)
大和芋 50g
卵黄 1個分
小さじ1/4
揚げ油 適量

【B】

だし汁 200ml
小さじ1/4
薄口しょうゆ 小さじ1

くず粉 適量
しょうがおろし 大さじ1
絹さや 8枚
しいたけ飛龍頭

レシピ提供:服部栄養専門学校

作り方

  1. 1.木綿豆腐はペーパータオルで包み、重しをして水切りをする。乾しいたけは水で戻し、軸の固いところをはずし5mm角に切り、Aを沸かした中で煮る。大和芋はすりおろし、絹さやは筋を取り、塩茹でする。
  2. 2.1の乾しいたけに味が染みたらザル上げし、余分な水分を切る。すり鉢に1の木綿豆腐・大和芋・卵黄・塩を加えて良くすり合わせ、乾しいたけを加えて8等分にし、丸める。
  3. 3.油を170度に熱し、2を色よく揚げる。揚げている間に鍋にBを合わせて沸かし、水溶きのくず粉でトロミをつけ、あんをつくる。
  4. 4.揚がった飛龍頭を器に盛り、3のあんをかけ、絹さや・しょうがおろしを添える。

★調理ポイント

豆腐の水切りはあまりやりすぎるとぼそぼそとした食感になるので気をつけましょう。時間がない時は豆腐の厚さを半分にし、耐熱容器にペーパータオルをしいたところに置き、ラップ等をせずに電子レンジ600Wで40~50秒加熱しても水分が抜けます。すり鉢がない場合はフードプロセッサーで混ぜても大丈夫です。どちらもない場合は直接触ると大和芋で手がかゆくなる場合があるので、ビニール手袋などを着用することをおすすめします。

★栄養価(1人分)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
169kcal 7.7g 10.4g 11.6g 1.7g
栄養コメント

 乾しいたけのうま味がつまった手作り飛龍頭です。
 乾しいたけはβ-グルカンの一種であるレンチナンが含まれ、風邪やウィルス性の病気に対する抵抗力つける作用があります。また便秘解消に役立つ食物繊維や血圧を下げるカリウムが豊富に含まれています。
 またビタミンDが豊富に含まれ、豆腐に含まれるカルシウムと、一緒に摂ることでカルシウムの吸収率がアップし、効率的に摂取することが出来ます。
 そのほか豆腐には生活習慣病予防に働くサポニン、更年期障害や骨粗鬆症を予防するイソフラボンが豊富に含まれています。

≫レシピ一覧に戻る


ヤフーショッピング高千穂しいたけ杉本商店生産者の皆さんのご紹介
干ししいたけの使い方

商品カテゴリ

  • お試し・訳あり商品
  • ご家庭用
  • ギフト商品