椎茸の焼きおにぎり

香ばしく焼いてうま味たっぷり!!

材料

乾しいたけ 8~12枚
ごま油 大さじ1
大さじ1
しょうゆ 大さじ1

2合

【A】

2カップ
椎茸の戻し汁 大さじ2

かつお節 3g
青じそ 4枚
しょうゆ 大さじ2
白いりごま 大さじ1

片栗粉 少々
椎茸の焼きおにぎり

レシピ提供:服部栄養専門学校

作り方

  1. 1.乾しいたけはさっと流水で洗い、水で戻しておく。傘と足に分け、足の方はみじん切りにする。傘はごま油を熱したフライパンでさっと焼き、酒としょうゆをふる。
  2. 2.米を研いでAの水分で炊く。ご飯に、1の足の部分、かつお節、しょうゆ、青じそ、白いりごまを加えて混ぜる。
  3. 3.傘の内側に薄く片栗粉をつけ、固く握った2のごはんを8~12等分してしっかりとつける。
    ポイント:少し乾燥させてから焼くと、外がカリッ、中がもちっと仕上がります。
  4. 4.オーブントースターにクッキングシートを敷き、3をしいたけを上面にして焼く。裏返してご飯に焼き目がつくまでじっくりと焼く。

★栄養価(1人分)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
333kcal 7.5g 5.1g 62.7g 2.0g
栄養コメント

 おにぎりの上に、うま味の凝縮されたしいたけをのせて一緒にこんがりと焼いていただきます。しいたけの豊かな香りは、第5の味覚である『うま味』成分がもとになっています。このうま味成分はグアニル酸と呼ばれ、特に干しシイタケになるとさらに増します。椎茸の戻し汁を捨てずに利用するのは、そこに溶けだしている美味しいだしを余すことなく味わえるからです。
 もうひとつ干したことでビタミンDも増加します。ビタミンDはカルシウムの吸収を手助けしたり、上手く使われるように促してくれたりする役割があります。骨を丈夫にするためには、カルシウムの多い食材にに合わせて、ビタミンDの多く含まれるしいたけを合わせることをおすすめします。
 焼いたお米の香ばしさと、うま味たっぷりのしいたけが良く合います。こぶりに作っておやつにもどうぞ!

≫レシピ一覧に戻る


ヤフーショッピング高千穂しいたけ杉本商店生産者の皆さんのご紹介
干ししいたけの使い方

商品カテゴリ

  • お試し・訳あり商品
  • ご家庭用
  • ギフト商品