椎茸のバインセオ

具だくさんで栄養満点!!

材料

乾しいたけ(水で戻す) 4枚
むきえび(小) 24尾
豚バラ薄切り肉 100g
もやし 100g
たまねぎ 1/2個

【A】

上新粉 75g
薄力粉 75g
塩・砂糖 少々
ターメリック 小さじ1/2
大さじ2

1カップ
椎茸の戻し汁 1/2カップ
サラダ油 適量

【B】

スイートチリソース 大さじ3
ナンプラー 小さじ1/4
レモン汁 小さじ1

お好みの野菜(サニーレタスや紫玉ねぎなど) 適量
椎茸のバインセオ

レシピ提供:服部栄養専門学校

作り方

  1. 1.乾しいたけは水でさっと洗ってから、水にしばらくつけて戻し、薄切りにする。えびは背ワタを取り除き、水で洗って水気を切る。豚肉は1cm幅に切る。玉ねぎは薄切りにする。
  2. 2.ボウルにAを加えて混ぜ合わせ、水としいたけの椎茸の戻し汁を合わせたものを少しずつ加えて滑らかになるまで泡だて器で混ぜ合わせる。
  3. 3.フライパンにサラダ油(小さじ2)を熱し、えび・豚肉・しいたけ・玉ねぎを加えてサッと炒める。一度取り出し、4等分にする。
  4. 4.フライパンにサラダ油(小さじ1)を熱し、生地の1/4量を流し入れる。フライパンをぐるりと回して生地を均等に広げ、3・もやしをのせ、フタをして2~3分蒸らす。
  5. 5.鍋肌からサラダ油(小さじ1)を回し入れ、強火にして1~2分焼く。生地のふちがカリッとしてきたら半分に折りたたみ裏返して2~3分焼く。(同様に3人分焼く)
  6. 6.器に盛り付け、Bを合わせたたれをつけていただく。

★調理ポイント

生地を焼くときに途中でもう一度サラダ油を加えると、周りがパリッとした仕上がりになります。
中に入る具材はお好みで様々なものを入れて下さい。

★栄養価(1人分)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 塩分
310kcal 12.0g 10.4g 40.4g 0.8g
栄養コメント

 バインセオとはベトナム南部で食べられている家庭料理で、日本でいうお好み焼きのようなものです。「バイン」とは粉物料理をさし、「セオ」は生地が焼ける時のジューッという音をあらわしています。えびや豚肉などお好みの具をたくさん入れていただきます。
 えびにはタウリンが豊富に含まれ、血中コレステロールの低下や肝機能強化に役立ちます。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれ、玉ねぎに含まれるアリシンと一緒に摂ることでビタミンB1の吸収率を高め、疲労回復に効果的です。
 乾しいたけは生のしいたけに比べ保存性に優れるだけでなく、栄養成分が濃縮されるため、栄養価も高くなります。また椎茸の戻し汁にも栄養成分が溶け込み、香りやうま味が含まれているため、有効に活用しましょう。

≫レシピ一覧に戻る


ヤフーショッピング高千穂しいたけ杉本商店生産者の皆さんのご紹介
干ししいたけの使い方

商品カテゴリ

  • お試し・訳あり商品
  • ご家庭用
  • ギフト商品