九州・高千穂郷の干ししいたけ専門問屋

杉本商店

MENU

SDGsについて

SDGsへの当社の取り組み

林福連携によるしいたけ生産

海外で絶賛されるうまみと食感は、クヌギ原木だからこそできるものです。
椎茸の原木栽培は1000年前から持続しています。
原木となるクヌギは、写真のように切り株からまた新芽が生えてきます。
そして、15年後にまた椎茸栽培用に伐採されて、約6年椎茸を育んだ原木は、土へ還ります。
この過程で里山には道が出来て、他の山菜なども採りやすくなり、実り豊かな山林が次の世代へと持続していきます。
昔から変わらぬクヌギ原木での栽培は海外では絶対に真似できません。
「ここでしか作れない」とても価値あるものです。
このストーリーを話すと世界中がこう言います。
「WOW...」

林福連携によるしいたけ生産
林福連携によるしいたけ生産(林野庁SDGs特集より)

しかし、この仕組みを永続するために、クリアしなければならない大きな課題があります。
それは、「産地の維持」です。
今、産地は高齢化と人口減少によって、担い手不足が進んでいます。
高齢化。これは止められない。
そこで、私たちは高齢作業者に負担の大きい【伐採作業】を種駒メーカーと、【コマ打ち作業】を近隣の福祉施設と、連携委託する事で作業負担軽減と障がいのある方の所得をUPを実現しました。
作業負担が減る事で、長く栽培に取り組んでもらえます。
さらに、生産量が増え、生産者と福祉施設の所得向上も見えてきました。
この事業モデルは、林福連携の先進事例として令和元年度林業白書のSDGs特集に掲載されています。

to top